So-net無料ブログ作成

たった5分で体が変わるすごい熱刺激 2.効果が出る理由 [読書]

たった5分で体が変わる すごい熱刺激.gif

*効果が出る理由

熱によって刺激され自然に冷める過程で、患部が勝手に「温まる」ところがこの方法の優れた点。

湿度を伴った熱は体に浸透しやすい。

皮膚表面の温度より10℃前後、部位や症状によっては20℃以上も熱いタオルを当て、その部位の皮膚や筋肉を強く緊張させる。

普段あまり接しない温度を使うから、短時間で体を治す方向づけができる。

痛みや不調を感じている部位は、何らかの原因で体液が滞り、局所的な冷えに見舞われている。

血流が低下したままだと「死んでいる」細胞や汚れた体液が、その場所に留まり続け、それがどかないと傷んだ部位の修復を邪魔する。さらに時間が経つと固まっていき、そうそう解消できない状態になってしまう。

不調を抱えた部位は硬くなり、血管を締め付けて血液の流れを阻害する。これが慢性化すると老廃物が滞って温度を下げる、熱刺激はそこを強く緊張させて揺さぶり、機能が低下した部位が「目覚める」。

タオルが冷めると、患部はもらえていたはずの熱を受け取れません、するとゆるんだ患部に血液を流す働きが復活し始めます。しかも冷める過程で、周辺の健康な部位が弱った患部以上に活性化し、血流が上がって自ら熱を発します。これが患部への血流や、そのほかの体液の流れを強力にサポートする。

長時間揉まれるマッサージは体を硬く鈍くします。体を押したり揉んだりし続けると柔らかくなると思っている人も多いようですが、断言しましょう、それはあり得ません

 


目次のページに戻る



コメント(0) 
共通テーマ:健康

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。